中古品を高く売って安く買おう!

売買アプリメルカリを使ってみよう

メルカリの利点

自分にとって価値がなくても、欲しい人にとってはとても価値のあるもの。例えば外箱つきで数回しか使ってないほぼ新品の靴を、リサイクルショップに持っていったところ300円くらいしか値段がつかないと言われることはザラにあります。ですが、それをメルカリでほぼ十倍の値段3000円で売りに出したところ、すぐに買い手がつく…なんてことは珍しくありません。
リサイクルショップでは買取価格と売値の差額を収益としなくてはなりませんし、そもそも売れなければ収益になりません。ですがメルカリならば間に挟まる仲介がいないので、売り手はいつ売れても良いので好きに価格設定を出来ますし、買い手にしてみれば店に足を運ぶ労力無く、店と同じかそれよりも安い価格で、交渉次第では更に安く欲しいものを手に入れる事が出来るのです。

メルカリのデメリット

もちろん、デメリットも存在します。
引っ越し前で荷物を減らさなくてはならず、引っ越しをするまでに売り払わなければならない!と言った場合、メルカリは買い手がつかなければいつまで経っても売れません。
リサイクルショップならば値段はともかく持ち込んだ時点で売れるので、その点では軍配が上がります。
また、リサイクルショップならば大きなものでも出張買取で自宅まで買い取りに来てくれますが、メルカリでは小さなものから大きなものまで自分で全て梱包し、発送しなくてはいけません。家電などは業者に梱包から集荷まで頼むことも出来ますが、追加料金が発生してしまいます。
専門の業者が出品していることもありますが、ほとんどの売り手が匿名の個人である為、発送遅延や記載漏れなどのトラブル発生の可能性を常にはらんでいます。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ